2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
プロフィール

あいにゃー

Author:あいにゃー
白ネコミルクと共に泣き笑い。小さな幸せをそっと気付かせてくれる・・・一緒にいること。それが幸せ(=^・・^=)皆様にも小さな幸せをミルクが運んでくれるなら・・・とても嬉しいです。

写真、文章など、著作権は放棄しておりませんので、お願いいたします(^.^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
絆の始まり
ミルクとの絆の始まり・・・。
今からもう10年以上前・・・最初の出会いは、ネットでの里親募集。
この子可愛いなぁ・・・ただ、普通にそう思った。

それから何日か後・・・父と母と一緒にその里親会の活動場所をたまたま通った。
そこで、白い子猫に出会った・・・。
元気に遊んでいた・・・胸がキューンとした。

良く見ると、体はガリガリで、頬もこけていて、
耳ばかり大きいニャンコだった。

ボランティアさんに・・・
「白い猫ちゃんは、他にもいますよ?この子は、お尻の所にベージュの部分があって、
 真っ白ではないです。大きくなるにつれて、白じゃなくてこの色か、他の模様になってしまう可能性がありま  す。まだ生まれて2カ月経ってないと思われますので、トイレも最初は苦労するかもしれません・・・」

「白い猫がほしい訳じゃないんです。この子と家族になりたいんです。
 猫も一緒に生活した経験があるし、トイレで苦労するのもかまいません。」

その場で里親申請し、審査を受け、
その次の週にミルクはうちの家族になった。

その時に、ボランティアさんのお話で、
前にネットで見た子と同じ子だと知りました。

来たばかりの頃・・・。

img001.jpg

ボランティアさんが保護された時は、さらにガリガリだったみたいで・・・。
でも、献身的にケアしてくださったおかげで、
家に来た時は、この程度のガリガリまで回復していて、毛艶もよかったです。
ボランティアさんには、本当に頭が下がります。
そして、感謝の気持ちでいっぱいです。

来た頃のミルクは、
片方の手のひらに乗る位の小さな子でした。

それから、ミルクとの生活が始まりました。
どんな色や柄になってしまうかわからない・・・と言われましたが、
半年を過ぎるころには、お尻のベージュも消え、
真っ白なネコになりました。

お怒り 005

この10年、色んな事がありました。
ミルクが来た頃・・・、
今までの私の人生の中で、一番つらい出来事もありました。

でも、それを乗り越え、
今こうして生きていて、
こうして色々頑張れていて、
他愛もないことが幸せなんだ・・・・と実感しています。

どんな時もそばにいてくれ、
小さい幸せをたくさんミルクが教えてくれました。


20121-1-1 029

ネットで出会った子が、現実に私の前に現れてくれたのは・・・
きっと偶然ではなく、運命だったのだと、
不思議な縁に感謝しています。

20120137 001

色んな表情を見せてくれ、
気持ちをぶつけれくれるミルク。
甘えてくれるミルク。
小さい体でも、大きな気持ちを持って、
一生懸命生きてる・・・そんな姿がとても愛しい。

このブログで、私はミルクに対して、お姉ちゃんって言うことになっていますが・・・。
年齢はもう、30半ばを過ぎています。
ミルクが家族になった時は、20代半ば過ぎ。
ミルクのママでもおかしくない年齢ですし、
30半ば過ぎて、お姉ちゃんはないんじゃない??
ってお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

でも、ミルクは私の家族になった時に、
「よろしくね、お姉ちゃん」
って、言った気がして・・・。

だから、この子は、私の妹なのです。

皆さんとこうしてお話しできるのも、
ミルクが出会わせてくれたのだと、思います。

今まで私とお話していたミルクとの会話や、表情が、
皆様の気持ちに癒しや、ホッと一息をもたらせてくれたら・・・
本当に私もミルクも嬉しいです。

これからも色~んなミルクが登場すると思いますが、
「こうして始まった」
ミルクとあいにゃーの絆を感じていただけたら、
嬉しいです(*^。^*)

犬も猫も人間も・・・・
色んな絆がつながっていますよね。

こうしてブログを始めて、
色んな方のブログを拝見して、
猫ちゃんとの色々な絆も私の心を暖めてくれます。

私も皆さんの心が暖まるようなブログを
書けるようになれればいいな!(^^)!

今日は、全国的に春の嵐ですが・・・。
このミルクのように、皆様がリラックスして眠れますように・・・。

デジカメファースト 071


**もしホッとしていただけたら・・・
    ポチっとお願いいたします**

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
こんばんは。

仔猫のミルクちゃん・・・
あいにゃーさんが仰る通りガリガリかもしれませんが、
私はパッとみた瞬間、普通の仔猫にしか見えませんでした。
とうことは、ボランティアさんの献身的な愛情で
普通に見えるところまで育ててくれたということ・・・ですね。

あいにゃーさんがネットで見た「一緒に暮らしたい子」に、
里親募集の場で実際に出会えて、
あいにゃー家の子になったことは、本当に運命だったと思います。

スコクラブのmami さんがプレゼントしてくれた本、
「愛をみつけたうさぎ」のエンディングにそっくりなような・・・。


No title
すっごい縁ですね
そっか~小さい頃はおちりのほうにベージュの^m^
おチビの頃のミルクちゃんも可愛いです
そそ、私も実家では猫達のお姉ちゃんでした
で、その気が抜けなくて~
今もおふみのねぇね(お姉ちゃん)と言っていたら・・・
主人におばさんでしょ?って
本気で突っ込まれ・・・^_^;
ボランティアの方々はほんとうに頭が下がります
自分ではなかなか出来ない


No title
いつも楽しく拝見しています。
あいにゃーさんの、ミルクちゃんに対する愛情がとても強く伝わってきました。
出会いの運命ってあるかもしれませんね。
ミルクちゃんが、あいにゃーさんに出会えて本当に良かったと思います。
私たちは世話をしてあげますが、その分とても多くの物を与えてもらっていますよね。
これからもたくさんの贈り物を貰う事でしょう。
あいにゃーさんの記事を読んで、私も猫達との絆をもっと築いていこうと思いました。
又癒されに来たいと思います。


No title
はじめまして。

人と愛猫さんの出会いの物語が好きで、コメントさせて頂きました。

痩せた小さな子猫だったミルクさんが幸せに育ったのは、
あいにゃーさんの深い愛情の賜物だったんですね。

心打たれるお話を聞かせて下さり、どうもありがとうございました。
感動しました。


No title
ローズキャットさん

よかった・・・。ガリガリな写真を載せるの、ちょっとためらっていたので、
普通の子猫にしか見えない・・・と言っていただいて、ホッとしました。
ボランティアさんもご夫婦でとても良い方で、
ご自分のお家の子達(ワンちゃん、猫ちゃん、)と協力して、
ミルクをここまで元気にしてくれました。

運命を、絆をつないでくださったご夫婦に感謝です(*^_^*)

この本、知らなかったのでネットで検索したんですが、
途中までのお話はありましたが、エンディングはわからりませんでした(当たり前ですね・・・スミマセン。)
その本にそっくりなんですね・・・
題名も素敵だし、私も読んでみたいです(^v^)


No title
もちゅみさん

そうなんです~。けっこう広範囲にオチリから足の付け根にかけて、
うすーいベージュで。
目がブルーだったから、もしかしたらシャム系が入ってるのかも・・・
と言われました。

おふみ君にとっては、いまももちゅみさんは、
大好きなねぇねだと思いますよ~(*^。^*)

なんだか、そうやって言っているように感じますよね。
猫ちゃんとの会話・・・体も心も温まりますね(^v^)


No title
ガリバーさん

はじめまして!ホットミルクに来てくださってありがとうございます!
暖かいコメント、本当にありがとうございます。
ミルクとの他愛のない日々ですが、いつもパワーをもらっています。

ガリバーさんのおっしゃる通り、
私たちが猫ちゃんに与えているもの以上に、
かけがえのないものを教えてくれますよね(*^_^*)

私もガリバーさんにこうしたコメントを戴いて、とても嬉しいし、
同じ猫ちゃんを家族にもつ仲間として、お話しできるのも嬉しいです!

私も、ガリバーさんの大事なご家族とのほのぼの日記を
楽しみに伺わせていただきますね(^v^)




No title
リアノンさん

はじめまして!ホットミルクに来てくださってありがとうございます!
嬉しいコメント、ありがとうございます。
そうやって言っていただいて、
私も思い切ってミルクとの出会いを書いて良かったです(*^。^*)

いろんな出会い方があるけれど、
そのネコちゃんと、その人によって、色んな出会いや運命がありますね。
でも、どれもきっとそのニャンコ、その人・・・お互いに必要な存在だって、
信じたいです。

レオ君、とても優しい光を携えた瞳の可愛い子ですね。
また遊びに行かせてください(*^_^*)


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます


本当、ボランティアさんの献身的な活動には頭が下がります

ノラさんを見るたびに、可愛いと共に
危険のリスクがたくさんある現実。

どうして、こんなに可愛い子が........

連れて帰りたいのは山々。
でも飼う事はもちろん保護も出来ない現実

また来週も会える様にと願うしかない自分。


ミルちゃんはとても素敵な里親さんに出会えて、大事にされて家族の温かさにふれて幸せだと感じていると思いますよ

ミルちゃんみたいに幸せになれる子はごく一部。
それでも少しでも多くの子達が温かい家庭で暮らせるようにと願うばかりです。


No title
こんにちは^^
あいにゃーさんとミルクちゃんの出会い、そのような経緯があったのですね。
ネットで見た子猫ちゃんと同じだった・・
あいにゃーさんと出会うべくして出会ったミルクちゃん、そう思えます。

来たばかりのミルクちゃんと、
今のミルクちゃん。
同じミルクちゃんなのに、不思議と今のミルクちゃんが
やっぱりあいにゃーさんの家の子になったミルクちゃんだなと思えてしまいます。
何か意味不明に感じてしまうかもですが
私も自分の家の猫、チョコラとコルをそう思えてしまうんです。
迎え入れた最初の数日の写真を見ると、
まだ全然うちの子じゃないな~って顔に感じて・・
一緒に過ごしていくうちにきっと家族になっていくからなのかなって。

「よろしくね、お姉ちゃん」って言ってくれたミルクちゃん、
今までもいろんな思いを分かち合ってくれて
一緒の時間を過ごして。
これからもずーっとあいにゃーさんの妹として
あいにゃーさんのそばで、たくさんの思い出を紡いでいくのですね^^

出会いっていいものですよね。
お別れは悲しくつらいものだけれど
だからといって「出会わなければよかった」なんてことは決してなくて。

出会わなければ感じることがない愛しい思いも、
一緒にいたからこそできた楽しい思い出、
一緒にいて感じる暖かい思い、

全て全て上回るんだと思います。

ミルクちゃん、あいにゃーさんにとって
ほんと「ホットミルク」な存在で
心を甘くあったかくほぐしてくれる存在なのですよね☆
これからもそんな愛しい日常、
あいにゃーさんの温かい目線で綴っていってくださいね^^


あいにゃーさん、おはよう♪
ミルクちゃんは、里親募集のところからもらった子だったのですね。
ネットで見てた子と、里親会で見た子と、偶然にも同じ子だったなんて、偶然ではなく運命ですね。
身体はガリガリ、頬はこけた猫ちゃんを保護して里親募集されたボランティアさんには感謝ですが、猫ちゃんの説明がちょっとね。
白猫だからとか、良い子だからとか、躾けが済んでいるからとか、そういうことで貰い受けるわけじゃないんですよね~。
その子がその子だから…としかいいようがないでしょうか。
「元気に遊んでいた・・・胸がキューンとした。」
このあいにゃーさんの感覚が、うまく表現しているのでは?
運命的な出会いには、いつも胸がキューンとする悲しみに似たような感覚があると思うのです。
どこで出会ったとしても。
多分それは、魂が求め合う痛みのようなものじゃないかと思っています。

子猫のミルクちゃんは、フラッシュのせいもあるのか、ブルーのお目目ですね。
確かにほっぺがこけてますね。
このしっかり見据えたお目目が、将来の幸せを掴んだお目目なのですね。
生きる力の強さみたいなものを感じます。

猫ちゃんは、その人、その家庭の運命に寄り添って生きてくれる。
どんな状況であれ、静かに寄り添って生きてくれる。
だからこそ、私達は、小さな身体の重たい命を尊重したくなるのですよね。
ミルクちゃん、これからも、たくさんの日々をあいにゃーさんご一家と寄り添って、皆さんに幸せ運んでね。

椅子の上の、甘えるような写真もすごくかわいいけど、お膝の上で、小さな歯とお鼻が見えてる写真もかわいいです。
猫ちゃんは、こんな小さな鼻の穴だけで呼吸しているのですよね。
仰向けのミルクちゃん、ちょっと牙がみえて、しろちゃんと同じです。
首輪が無かったら、区別がつかないですね(笑)
自分の手で幸せ掴んだミルクちゃん、これからも色んなミルクちゃんを、あいにゃーさんのペースで見せてくださいね♪
長くて、ごめん。


No title
パトさん

本当に、ボランティアさんには、頭が下がる思いです。
感謝の気持ちや、尊敬の気持ち・・・いっぱいあります。

そして、自分は「動物が好き」と言いながら、
そういった子達に何の手助けもしていない・・・ということが、
とても苦しいです。

今でも、ミルクと出会った里親会などの活動に出会うと、
募金をしたりはしますが、行動を起こそうとなると、
何も出来ていない自分がいます・・・。

こうして野良ちゃんのことを気にかけている・・・
そう言うパトさんの気持ちも、不幸な子をうまないことに
つながっていく・・・そう思います(*^_^*)

家はあまり裕福ではないから、
贅沢はさせてあげられないけれど・・・
その代わり、いっぱいの愛情を注いでいます。

幸せな子…と言っていただいて、とても嬉しいです(*^。^*)


No title
Nenecoさん

縁って、不思議な物ですよね。
自分で手繰り寄せようと思ってもダメなのに、
縁があるものとは、不思議と何もしなくても引き寄せあって・・・。

こうしてNenecoさんとお話しているのも、
ネットという現代の技術を通してだけど、それだけでなく、
「縁」の賜だなぁ・・・としみじみ感じました。

そして、チョンちゃん、コルちゃんも、
ミルクと一緒に私たちをつないでくれたんだなぁって・・・感謝です(*^。^*)

「家の子じゃない顔」って、すごく良くわかります!
私も、ミルクがうちに来たばかりの時の写真を見ると、
「なーんか、ミルクなのに、ミルクと違う気がする・・・」
って思ったことあるんです!

一緒にいるうちに家族になって行く・・・。
そのお家の子になって行く・・・・すごく素敵な文章を読んで、
私も心が暖かくなりました(*^_^*)

ホットミルクは、おっしゃっている通りであることももちろん、
私がもらっている癒しを、ブログを通して、
他の方にも感じてほしい・・・という思いで書いています。

本当に日常の些細なことだけれど・・・
皆さんのホットミルクになれたらイイナって思います♪♪♪


No title
kakoboxさん

本当に、ミルクとは縁があって、こうして家族になったと確信しています。
おっしゃる通り、「この子」と感じたから申し出たのですが、
「白い猫」であればいい・・・という風に言われたのは、正直意外でした。

きっとボランティアさんは、ミルクの為に、
そして私達家族となる人達の指導の為におっしゃったのだと思います。
・・・ということは、里親を申し出たのに、
飼育放棄をしてしまう人がいるのかな・・・?と、少し悲しくなりました。

出会いの瞬間に感じるキューンには・・・
嬉しさとかよりも、切なさや悲しさに似た痛みがありますね。

kakoboxさんのおっしゃる「魂の求めあう痛み」って
切なさや、縁の深さを物語っているような言葉で、とても素敵(*^_^*)

本当に、猫ちゃんの「そっと寄り添う・・・」には、
家族として生活を共にするということだけではなく、
いつのまにか、心にも寄り添ってくれると言うことも大きいですよね。

そのお家によって、色んな事がたくさんあると思うけれど・・・
それに静かに寄り添ってくれる・・・言葉がなくても、
皮膚と皮膚で感じ合えますよね(*^。^*)

猫ちゃんのいろんな言葉もいっぱいくれますね。
喉を鳴らす音、お耳の形、尻尾の会話・・・。
どれも愛しい言葉ですね(*^_^*)

しろちゃんの写真も、いつもママとパパに向かってお話している
優しい瞳に、私にまでしろちゃんの声が届くようです(^v^)

しろちゃんとミルク、隣で一緒におんなじ格好して寝てたら・・・
って考えたら、なんだかとってもホンワカ気分♪
その横で、kakoboxさんと私も
「可愛いねー!癒されるね~」って、心も言葉もシンクロしている気がします!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。